今回は老害のエピソードと言うことで、迷惑行為ばかりする老人が天罰を受け「ざまぁ」と思えてすっきりするようなお話を紹介していきたいと思います。

「老害」だなんて言うと聞こえは悪いですが、(もちろん全員ではありませんが)最近は本当にマナーや常識がない高齢者が多いです。脳の衰えだか何だか知りませんが、ちょっと信じられない人もいます。

まったく最近の老人はなっとらん!

【老害のエピソード】ざまぁと思えてすっきりする話をしたいと思う。

ファミレスで老害が怒鳴っていたが…

ファミレスでの話。老夫婦がファミレスで料理を注文したが、ちょうどその時はお昼時で料理が出てくるまでに時間がかかっていた。

空いている時ならばまだしも、お昼時のラッシュという事で多少遅くなっても文句を言わない人が大半だとは思う。私もそういうタイプなので黙って座って静かに料理が来るのを待っていた。

 

店員を呼ぶボタンの音が絶え間なく鳴り響いている…

と、突然「この青二才が!!!俺はヤクザもんじゃねえんだ!」と馬鹿でかい声が先ほどの老夫婦の方から聞こえてきた。

 

びっくりして見てみると旦那(老害)が料理が出てくるのが遅いことに腹を立てたらしく怒鳴っているのだ。というか、遅くなったといっても数分のレベルでそんなに怒鳴り散らすような事ではないんだけど…

とりあえず、暇なので耳を傾けてみると老害が怒っている理由はこんな感じ↓

  • 自分は若い頃定食屋で働いていて接客に絶対の自信を持っていた。
  • 最近のファミレスは何でも機械で済ませようとして心がこもっていない。
  • お昼時は混むのが分かっているんだから最初から人を増やして1分も料理が遅れないようにしろ。

 

とにかく同じ話を怒鳴りながら10分以上繰り返すので、関係ないこちらまで不快な気分になってくる。

 

と、その時だった。

老害の席の近くにいたちょっと悪そうな若者の集団の内の一人が

「じいさん、うっせーぞ!お前がそこで店員を一人拘束する事で、俺らの飯まで来るのが遅くなるんだよ。抵抗出来ない女の子の店員に向かって粋がるとか男のクズがやることだな。」と一喝。

 

老害は何か言い返そうとするも、いかにも悪っぽい感じの男数人には勝てないと判断したらしく急に素直に。もの凄くばつが悪そうに料理を食べてそそくさと出て行った。

兄ちゃんグッジョブ!

追突してきた老害がウソをつくものだから…

ある日の事。買い物でスーパーに向かう途中、信号待ちしていたら後ろを走っていた車に追突された。

降りてきたのはいかにも癖の強そうなおじいちゃん。

 

とりあえずこっちが追突されたものだから「あー。コレはちょっと直して貰わないとですね。保険入ってます?」と聞くと「おめえがバックでぶつかってきたんだろうが!」といきなり白を切りはじめる老害。

もうめちゃめちゃな事を言い始めて、全く折り合いにならない。とりあえず警察を呼んで話し合ったんだけど、老害は自分の非を認めない。

 

というか普通に信号待ちをしていたこっちが、バックする必要なんてないのに、無理矢理自分の意見を通そうとしているのが丸見え。まあ、こっちにはドライブレコーダーがあるんだけどね。

とりあえず、老害にウソをつかせ続けて、最後にお巡りさんに「じゃあ、こっちのドライブレコーダーを見てみてください」と言って動かぬ証拠を警察と老害に見せてやったところ急にあわあわ言い始める。

とりあえず、修理費と病院通いまくって慰謝料ぶんどってやる事に。

 

保険は入っていなかったらしいので、こっちの車両保険と怪我の保険で対応して、こっちの怪我の保険から出る慰謝料じゃ足りない分を弁護士保険使って弁護士に請求して貰った。

全然払わないので、口座とかも徹底的に差し押さえて、無事終了。

警察にも「厳しく処分してください」と伝えたおかげで、とりあえ老害の免許は停止になったらしい。

正義は勝つと証明してしまった。

終わりに。

老害は自分が正しいと思い込んじゃってるから、たまには若者が「間違いは間違い」と教えてあげる必要がありますね。