最近問題になっている老人による運転。正直言って迷惑で危険ですよね。

老人の運転で怖いのは運転そのものもそうなのですが、「自分はまだ若いから大丈夫だ」なんて勘違いしていて他人のアドバイスを受け入れない事が多いところです。改善するつもりが自分にないという事はこれからも危険運転を続けるつもりであるという事。

これは恐ろしい・・・家族や周りの人間としては老人の運転をやめさせる方法を真剣に考えるべきでしょう。

そこでここでは老人の運転をやめさせる方法について考えてみました。

老人の運転は迷惑で危険!

老人の運転は迷惑で危険です。これはおそらく車を運転する人ならば誰もが持つ共通認識だと思います。

車を運転していて、前の車の運転が明らかにおかしい。まるで飲酒運転をしているかのようにふらついている・・・一体どんな奴が運転してるんだ?と思って追い抜きざまに運転席を見てみると、おじいちゃんが運転していた!なんて事は最近では日常茶飯事です。

 

例えばこの動画(↓)

老人が運転している車が右折レーンから直進してきて進路妨害しています。もはや意図的に交通秩序を乱しているのではないかと思ってしまうレベル…

最終的には、撮影者(若者)の方が譲歩する事で、何とか事故にはならなかったようですが…ちょっとおかしいですよね。

高齢者の運転には迷惑で危険な要素が詰まっています。

  • 自分勝手である事。
  • 周りが見えていない事。
  • 自分が悪いと思っていない事。
  • 認知機能が衰えている事。
  • そもそも認知症患者の可能性もあるという事。

多くの場合、高齢者は「自分が正しい」と思い込んでおり、かつ他人を見下す傾向が強いです。(全員ではないですが…)その為、ハンドルを握って強気になると危険な行動に出やすいのです。

それに加えて身体の機能が衰えており、周りが見えていない。

極端な例えですが、あなたの友人で最も性格の悪い奴に目隠しと耳栓をして運転させるようなものなのです。これって一種の兵器ですよね…

老人の運転は国家としてやめさせる方法を考えるべき!

そんな訳で老人の運転は危険なのでやめさせる方法について国家として取り組むべきなのですが、現状では老人本人の辞める意思や家族などの説得が「やめさせる方法」として主なものになっています。

これって恐ろしいですよね…1トンの鉄の塊が半分ぼけてしまった人達によって操作されている。そしてそれを止める手段は、本人が気づいて辞めるか周りの説得しかないなんて…

もう70歳以上は一律で免許を取り上げるくらいの制度を確立してしまっても良いかもしれません。その方が老人の暴走運転の被害者を減らす事が出来るから…

老人の運転のが危険すぎる!

ただし、過疎地にすむ老人に車を運転するなというのも無理がなくはないですし、かと言って家族が専属ドライバーになる訳にもいかないでしょう。感情論で「老害!消えろ!」と言っても始まらないのが難しいところですね。

僕が考える「説得」以外に老人の運転をやめさせる方法は以下のようなものがあります。

タクシーを常に使わせる。

老人が運転を辞めないのは、運転を辞めると暮らしていけない環境にあるからです。多くの老人は「自分の能力が衰えている」という事は分かっています。それでも運転するのは、車がないと生活できないから。

ならば老人に車を処分させ、維持費等をタクシー代にあてて、タクシーを使うのを勧めてみるのは一つですね。

車検が2年に1回で10万円。保険が1年で5万円。ガソリン代が月5000円だとすると、一ヶ月平均1万3000円程かかっている計算になります。車を処分させればこの金額が浮くのです。

工夫すればタクシー代には十分な金額だと思いませんか?

ネット通販のやり方を教える。

老人が車に乗るのは買い物に行くからです。ならば、インターネットの使い方を徹底的に教え、生活必需品を全て通販で買うようにすればいいのです。

老人はネットが使えない印象があります。確かに全然使いこなせないのですが、通販くらいならば気を付ければ全然出来るでしょう。

ただ、この場合は病院通いなどに対応できませんので、その場合はタクシーなどを使ってもらう形になりますね。

ナルセペダルの使用。

老人の運転で怖いのはアクセルとブレーキを踏み間違え、混乱してそのまま店舗や小学生の列に突っ込む可能性があるという事です。

ならば、人間がパニックになった時でも絶対にアクセルを踏み越めないような形のペダルをアクセルとブレーキの部分につければ良い。

それがナルセペダルなのです。詳しくはナルセペダルを作っている会社のHPをご覧下さい。

※この方法は厳密には「老人に運転をやめさせる方法」ではありませんが、悲惨な事故を防ぐ役割もありますので、参考として載せておきました。

家族と同居する。

老人に運転をやめさせる方法は家族からの説得が現状のメインだと思われます。

ただ、過疎地で暮らす老人が運転するのは買い物などであり、いわば「生きるために必要な事」です。いくら老人だからと言って車を運転せずに野たれ死ねだなんて言えません。

そこで、家族の説得の成功率をUPさせるため、家族が老人を引き取るのが良いかもしれません。家族と同居すれば老人は運転する必要がなくなりますからね。

まとめ。

老人の運転は迷惑で危険です。そして、説得しても運転をやめない老人が多い!少しでも日本の交通社会を安全にするために、老人の運転をやめさせる方法を考えてみました。

確かに老人の運転は見ていてムカつくくらいおかしいです。ですが、誰もが老人にいつかはなってしまいますし、他人事のように感情的になって過激な事を言っても仕方ないです。

これ以上、老人の危険運転による悲しい事件が起きないように祈るのみです…

管理人管理人

老人の運転は怖いよねー。

金ウン金ウン

一番怖いのは老人が自分の能力の衰えを実感していないところだよね。

管理人管理人

事故るなら単独事故にしてもらいたい。誰かを傷つけてまで乗るもんじゃないからね、車って。