2017年プロ野球のドラフトの結果が出ましたねー!大注目されていた清宮幸太郎選手については日本ハムが交渉権を致しました。

という事でさっそくですが、清宮幸太郎選手の日本ハムでの背番号や年俸といった「待遇」を予想してみたいと思います。まあ、あくまで予想ですよ?(笑)僕の楽しみなんです。

そして一部でささやかれる清宮幸太郎選手への「評価しすぎ」の声についても検証してみたいと思います。

清宮幸太郎、日本ハムへ!背番号や年俸を予想!

2017年プロ野球ドラフト会議の結果、清宮幸太郎選手が日本ハムへ入団する事が「ほぼ」決定しました…!

「ほぼ」というのは、まだドラフトが終わった段階では日本ハムが清宮幸太郎選手と「契約条件等についての交渉権」を得ただけに過ぎないからです。可能性としては、清宮幸太郎選手とが日本ハムに入らない可能性も無くはないです。

ただ、清宮幸太郎選手は「自分を鍛えてくれる球団ならどこでもOK」という発言をしていますので、それから考えればまあ、普通に日本ハムに入るでしょうが…

 

飽くまでも個人的なインスピレーションで言うと、「清宮幸太郎=巨人」みたいな勝手なイメージがあったんですけど、外れましたね(笑)(まあ、巨人は清宮幸太郎選手をドラフトで1位指名しないみたいな噂もありましたからね…そんな話があっての上で巨人に決まれば超ドラマチックでしょう?って考えすぎですね(笑))

清宮幸太郎、日本ハムへ!背番号や年俸を予想!

と言うことでまず、清宮幸太郎選手の背番号から予想してみます。と言っても幾つか候補があります。(ピンポイントは無理です(笑))

まあ、どうしてもシステム上、清宮幸太郎選手と言えども空いている背番号しか選べないわけですけどね…

 

まず、清宮幸太郎選手は早実の先輩でもある王貞治さんの本塁打世界記録868本を強烈に意識しています。まあ、超えるつもり満々なんでしょうね。

→という事から868が背番号です!とは行きませんね(笑)3桁はない…ですが、まあ「68」は一つは一つの可能性としてあるのではないでしょうか?百の位は割愛している形ですね。と思ったら、68は既に使われています。そうなると「王さんの先を行く」という意味合いで「69」という数字もあるのではないか?と思いますが、どうでしょう…?

 

清宮幸太郎選手の日本ハムでの年俸ですが、これは1年目は1500万円だと思います。これは結構当てるのは簡単で、1年目のプロ野球選手は暗黙の了解で1500万円が上限と決まっているのです。

まあ、ある程度そこは年功序列制度があるって事ですね。ただし、この金額は2年目以降は適用されませんので、どんどんジャンプアップしていく可能性が高いですね。

もちろん、清宮幸太郎選手がプロとしてあまり成長しなければ、年俸も伸びないでしょう。ただし、その姿はあまり想像出来ません。直ぐに億円プレイヤーになりそうですね…!

清宮幸太郎を評価しすぎの声も?

清宮幸太郎選手に対して一部で「評価しすぎ」という声があります。どういうことなのか、ちょっと考えてみましょう。

まず、確かに清宮幸太郎選手について言えば、1人で注目を浴びている感はあります。まあ、マスコミの取り上げ具合といったら凄いですね…(斎藤佑樹選手の盛り上がりを思い出します。)

なんでも清宮幸太郎、清宮幸太郎、ですから。

ただし、清宮幸太郎選手について言えば、それだけの実力を持っているのがわかると思います。本塁打の数(高校最多111本)や恵まれた体格。家での英才教育、会見での妙に落ち着いたオーラ。

正直、すでにそれだけの風格を備えていると言っても過言ではないでしょう。なんか、マー君と桑田真澄投手を足して2でわったような顔をしていますね。

 

僕が思うに、清宮幸太郎を評価しすぎという声は、おそらく(皮肉にも日本ハムの)斎藤佑樹選手の様な例を意識しての発言なのではないかと思います。発言というと特定の誰かの様ですが、要は「斎藤佑樹選手のように高校時代には輝いたけど、プロになって苦戦している選手」と清宮幸太郎選手を重ねてしまう人がいるということです。

安心して下さい。

高校時代に輝いて、プロになってコケる選手というのは大体の場合「投手」と相場が決まっています(笑)

清宮幸太郎選手は内野手なので問題ありません(笑)という多少ジンクス的な、そして僕の願望的な意見ですが、割りとあっていると思いますよ。清宮幸太郎選手がプロでコケるとすれば、まあ、ケガでしょう。ケガがあれば伸び悩む可能性もあるとは思います。

ただし、恵まれたあの体をみているとケガは心配無さそう…(その点、斎藤佑樹選手はちょっとスマートな感じがしますからね。)

まあ、要は変な心配をせずに清宮幸太郎選手を応援しましょう!って事です!