とんねるずの石橋さんが演じる「保毛尾田保毛男」というキャラクターに批判が集まり、フジテレビが謝罪しました。

ここで気になるのが保毛尾田保毛男とマツコ・デラックスさんやはるな愛さんとの違いですね。保毛尾田保毛男は批判され、マツコさんやはるな愛さんは批判されない。

なぜなのか?ちょっと考えてみました。

保毛尾田保毛男とマツコやはるな愛の違いは?批判はなぜ起こる?

保毛尾田保毛男の批判を受けてフジテレビが謝罪。

保毛尾田保毛男がLGBTに対しての差別であると批判され、フジテレビが謝罪する事態になりました。色々と意見があると思いますが、確かに一定数の人が不快になったから謝るというのは「無難」な選択だったのでしょう。

フジテレビは16日、9月28日に放送された同局系「とんねるずのみなさんのおかげでした」30周年記念特番でタレント・石橋貴明演じるキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」が男性同性愛者を嘲笑の対象にしたとの批判を受けた問題で、公式ホームページで「性的少数者の方々をはじめ沢山の視聴者の皆様がご不快になったことに関して、深くお詫び致します」と正式に謝罪した。

出典元:フジテレビが「保毛尾田」問題で謝罪文 放送から18日目、番組HPで

さて、ここで一つの疑問が浮かびます。

保毛尾田保毛男がダメならマツコ・デラックスは良いの?はるな愛は?美川憲一は?レイザーラモンHGは?

彼らはLGBTに対しての差別じゃないの?今回みたいに批判されないのはなぜ?

という疑問です。

個人的な立場を表明しておくと、僕自身はLGBTではないですが、別にLGBTの人を嫌悪するわけでも無いし、実際に友人にLGBTの人がいます。(結構仲は良い。)

LGBTがどう、ノーマルがどうという事ではなく、純粋な疑問として「フジテレビが謝罪するまでの事態になってるわけだから、やっぱり保毛尾田保毛男と他のいわゆる「おかまキャラ」で売っている人達」の違いについて気になる訳です。

 

保毛尾田保毛男とマツコやはるな愛の違いは?批判はなぜ起こる?

ちょっと個人的意見に過ぎませんがまとめてみるとこうです。(↓)

保毛尾田保毛男

明らかに「悪ノリ」が分かりやすい感じのキャラクターであり、確かにふざけている感とかは感じられる。そういう意味ではマイノリティーの方が不快感を抱いても不思議ではない。

一部では保毛尾田保毛男は飽くまでも「芸」であって、その「芸」を皆が笑っているだけであり、「LGBT」を笑っている訳ではないから問題はないとする見る向きもあるが、やはり違うとの声が多く、その点については僕自身もそう思う部分も無くはない。

ただ、ここまで話を大きくする程の事かは疑問。ギリギリセーフでもいいのでは・・・?

マツコ、はるな愛、美川憲一、レイザーラモンHG等

マツコもはるな愛も保毛尾田保毛男に比べれば、「芸」という感じではない。どちらかというと「元々のキャラクター」である。

確かに一部では「保毛尾田保毛男と同じだ!マツコやはるな愛が批判されないのは差別だ!」という声もあるが、彼らは飽くまでも「素のキャラクター」であって、「芸」をしている訳ではない。

マイノリティーを「芸」の対象にすれば、批判されるのはもっともだが、そうではない「たまたまキャラクターが変わっている人達」のパーソナリティまで批判するのはダメ。

ただし、「元々のキャラクター」と「芸」は芸能人・タレントである以上線引が難しい問題であるので、議論の余地がある。

何が言いたいか自分の意見まとめ

  • 要するに「保毛尾田保毛男」は「芸」っぽさが全面に出てるからアウト。(石橋貴明さんは石橋貴明さんであり、石橋貴明さんが元々お姉さんっぽい話し方や振る舞いをするキャラクターだったら今回の件はセーフだった気がする。)
  • マツコやはるな愛やその他の似たような感じの芸能人達は「その人達のパーソナリティ」っぽいからセーフ。

ってことなんだと思います。線引が非常に難しい問題ではありますが、ちょっとした事でも差別につながりやすいとされてるものを芸にしてはいけないってことでしょうね。

まあ、それは分かるのですが、こんな事を言っていたらその内何もTVで放送できなくなってしまわないか怖いです。今回の保毛尾田保毛男の件で、フジテレビが謝罪したから、だから次はマツコもダメ。はるな愛もダメ。って感じで少数派の人が少しでも不快に感じたら禁止されてしまう様な流れになったりしたら(ならないでしょうが)怖いですね。

そして、一言付け加えておくのであれば、もし保毛尾田保毛男が放送倫理的にNGだとするのであれば、事件の容疑者をさも犯人のように報道するのもアウトだと思うし、特定の放送局が反日放送するのもアウトです。

ココらへんもまた難しいところではありますが、いわゆるLGBTの人だけは気を遣ってもらって、他の意見を持つ人は別に尊重されないっていうのはおかしいって事です。

個人的には保毛尾田保毛男を見ても、別に差別だとは思いませんでした。僕は。そもそも、差別だと批判がなされてそれが大きくならなければLGBTの人たちの事は頭の片隅にも浮かんで来なかったろうと思います。

ネットの声まとめ

まあ、ネット上では比較的自由な意見が展開されており、それを見ると保毛尾田保毛男はセーフって人が多いようです。僕もまあセーフでも良いと思います。

もしかして、これって一部の団体か何かが騒ぎに乗じて更に騒ぎを大きくしようとしてるんじゃ?

まあ、難しい問題ですよね。人の立場によって感じ方は違いますから…

去年のオリンピックではどこかの体操選手が日本人女子の体操選手たちを「ピカチュウ」だって言って「差別だ」と大騒ぎになりましたし、僕もそれについては不快感を覚えました。まあ、ボク個人は直ぐにどうでも良いってなりましたけど(笑)(ちょっと保毛尾田保毛男とはあんまり関係ないかもしれませんが…)

 

まあ、もう今後は保毛尾田保毛男をTVで見ることはないんだなあと思うと少しだけ寂しいですね。そういう時代なんでしょうね。