群馬大学の教授が論文の改ざんやTwitterで学生を中傷したとして解雇されたようです。お名前は江本正志さんという方らしいですが…

ちょっと調べてみるとこの江本正志(元)群馬大学教授は矢吹樹というTwitterのハンドルネームを使って色々やっていたみたいです。うーん。SNSって怖いですね(汗)

江本正志群馬大学教授のTwitterのハンドルネームは「矢吹樹」だった。

まずは事件の概要を確認しておきましょう。

群馬大は11日、論文のデータを改ざんしたり、ツイッターで学生を中傷したりしたとして、大学院保健学研究科の江本正志教授を懲戒解雇処分にしたと発表した。(中略)大学側は、江本教授がツイッターでハンドルネームを使い、群馬大や学生を中傷する書き込みをしていたと認定した。

出典元:大学院教授を懲戒解雇=データ改ざん、学生中傷で―群馬大

まあ、このニュースを見て気になるの「江本正志群馬大学教授のTwitterのハンドルネーム」とか「実際のツイート」ですよね。どんなツイートだったのかぜひ見てみたい!(笑)

中傷と言っても意外とマイルドかもしれないし、「うわぁ…これ無いわぁ。」って感じかもしれない。見てみたいですよね(笑)

 

まず、「江本正志群馬大学教授のTwitterのハンドルネーム」ですが「矢吹樹」と特定されております。しかも相当前から(笑)

匿名じゃないじゃんって突っ込みたくなるレベルですね。

 

どうやら数年前にこの「矢吹樹」というTwitterのハンドルネームの方(江本正志群馬大学教授)は放送大学の関係者とTwitter上で喧嘩をしてしまうんですね。で、結構派手な事を言うんですが、放送大学の関係者が「学長です」と身分を明かすと一気に「矢吹樹」さんは黙ってしまい…Twitterを非公開にしてまいます。

その後2ch等で特定が進み、「矢吹樹」=江本正志群馬大学教授のTwitterハンドルネーム、と判明したようですね。

 

ちなみにこの「矢吹樹」の中傷ツイート、Twitterbotを見つける事ができました。江本正志群馬大学教授はもうアカウントを非公開にしているようですが、誰かがbotを作っておいたんでしょうね。

まあ、気持ちが分からなくもないですが、教授という社会的地位も高く、責任も重い立場の方はこういうツイートは控えるべきだったんでしょうね。

ネットの声まとめ

江本正志群馬大学教授のTwitter事件について、ネットでは次のような声が主流となっています。

  • よくこんな人が大学の教授になれたね。
  • 懲戒解雇じゃ甘いわ!
  • 論文の改ざんはダメ、絶対。
  • 群馬大学医学部の問題もあったけど、群馬大学大丈夫か?
  • 大学教授には変人が多いからね。
  • これまでの苦労が水の泡。人生終わりだね。

うーむ。

正直、どの声も江本正志教授には厳しい感じですね。大学教授というハイステータスに対しての嫉妬もあるのではないでしょうか?(汗)と言っても江本正志教授がやったことはそれだけ酷いって事ですね。

まあ、学問の根本を否定するような行為ですからね、改ざんって。そりゃ改ざんしまくれば「錬金術」だって本物になっちゃいます。絶対ダメですよね。