民進党の完全な解党が2017年に見られるかもしれません。(というか事実上は既に解党してるのですが…)思えば2016年3月、台湾の政党と名前が同じとか似てるとかそういう話題で持ち上がりながらも、ここまで与党の足を引っ張りながら歩んできた民進党。解党だなんて何だか感慨深いですね…

さて、ここでは民進党の完全な解党が2017年に起こりうるか、民進党が解党した場合の参議院議員がどうなるか?等について語っていきます。民進党の解体、崩壊を目の当たりにして喜んでいるだけでは駄目です。その背景やその後についてしっかりと抑え、政治に興味を持ち、個人であっても出来ることをし、第二・第三の民進党がもう二度と現れない様に国民は頑張っていかないといけないと思います。

民進党解党は2017年か?

まず民進党の解党についですが、2017年10月1日現在、事実上は民進党は解党しています。9月28日に民進党の前原代表が希望の党に民進党が合流するという発表をし、それが民進党内の総会で採択されています。この時、民進党の衆議院議員も、参議院議員も出席者は全員賛同した上での採択です。

つまり、民進党は自分たちの政党を捨てて、希望の党という出来て間もない党の傘下に入る事を選んだのです。この時点で、既に事実上民進党は解党済みです。

但し、政党としては民進党は「公式には」解散していません。まだ解散の届出は総務大臣に出していない。だって解散しちゃうと政党交付金という民進党にとって美味しいお金がもらえなくなっちゃうから。

民進党は、民進党という政党のハリボテは残しつつ、税金からの政党交付金は受け取りつつ、希望の党の下でお世話になるというプライドも何もない道を選んだって事です。

民進党の完全な解党は2017年見られるか?

そもそも左翼の民進党が、保守派の小池百合子氏が起ち上げた希望の党の傘下に入る時点で分かると思うのですが、民進党の議員には政治思想なんてものはありません。理念もありません。

あるのは国会議員の椅子にしがみつきたいという強い意志だけです。

前原代表は「名を捨てて実を取る」だなんて、一見かっこいい事を言っていますが、めちゃめちゃです。左翼の政党が、保守派の政党にはいるなんて、「政治の内容なんてどうでもいいから、とにかく選挙に勝つことだけしか考えません」と言っているという事です。

 

こんな何の思いもない、理念もない民進党。既に所属議員の意識としては解党済みの民進党。完全な解党、つまり公式な解党も遠い話ではないと思います。

それが2017年に起こるかは分かりませんが、国民がしっかりと批判を行い、名ばかりの税金だけ吸い上げる政党はしっかりと解党届出を提出して頂くように世論を形成していく事が大事だと思います。

民進党が解党した場合、民進党の参議院議員はどうなる?

ちなみに民進党が解党した場合(もう事実上は解党してるのですが)、民進党の参議院議員はどうなるのか?ということですが、現時点では特に何も変わりません。

現状では民進党は「公式に解散はしていない」訳ですから、、、強いて言えば「民進党」という肩書が今まで以上に使えないものになってしまう事くらいでしょうか…?

また参議院には衆議院と違って「解散」というものはありません。参議院は解散がなくて任期が長いのが売りなのです。議員報酬を安定してもらいつづける事が出来るという、民進党議員にとっては実に美味しい場所なのです。

当選した選挙がいつなのかにもよるのですが、現在の参議院議員は2019年か2022年までは国会議員が出来るのです。

民進党の参議院議員は、民進党の事実上解党の後も、参議院議員の椅子に居座り続けるでしょう。任期まではずっと。

管理人管理人

参議院にいれば議員歳費が安定してもらえるから美味しいよね。

金ウン金ウン

政治思想があって、ちゃんと活動している議員なら良いんだけど、民進党にそんな人いたかなぁ…?ちょっと疑問だよ。

民進党の解党・解体・崩壊を目の当たりにして思うこと。

民進党の事実上の解党、解体、崩壊を目の当たりにして思う事ですが、やはり「志もないのに政治家なんてやるものじゃないな」という事ですね。

中にはまともな人も極わずかいたかも知れませんが、基本的には民進党は信用出来ない議員が集まっていました。

  • 自分たちの政策はなくて、与党の邪魔ばかりする。
  • 重要な決議の際は国会を全員で欠席する。
  • 他国の国籍保有者が何故か重要なポストに就く。
  • 民進党が与党だった時代は首相が韓国で土下座してくる。
  • 与党にばかり過剰な説明責任を求め、自分たちの疑惑については説明責任を果たさず逃げる。

挙句の果てには、左派の集まりの民進党が保守派の希望の党に入党しようとしてるんですからwww

1日やそこらで変わってしまうくらいの政治思想なのかな?民進党の議員さん達の政治思想は。それとも、政治思想なんて関係なく、とにかく選挙で勝つために強そうな所にイナゴみたいに集まるのかな?

民進党の事実上の解体、解散、崩壊を見て、僕達国民は何としても「次の民進党」の出現は阻止する必要があると思います。次世代の為に僕達はそれくらいはしなければならないと強く思っています。

民進党の崩壊は笑い事ではありません。次の悪夢が始まらないように、まずは次の衆議院選挙で国民が正しい政党に投票しなければならない。そのキッカケにしていかなければならない事なのです。