散髪代も結構バカになりませんよね。髪型をかっこ良くしたいとは思うものの、毎回数千円の出費っていうのもどうなのかと思っている人も多いのではないでしょうか?かく言う僕もその一人。

そこで今日は散髪代を節約する方法をご紹介します!特に男性のサラリーマンの方には共感して頂けるのでは無いかと思っています。

男性サラリーマン向けの散髪代を節約する方法

1000円カットを利用する

1000円カットを利用すれば、散髪代は当然ですがかなり節約できます。見た目のおしゃれ度よりも実用性を優先する男性サラリーマンの方にとってはまさにうってつけですね。

そもそも1000円カットが駅の中に出来始めたのは、そういう層のニーズに応えるためです。確かに男性サラリーマンは駅に沢山いますよね。

散髪代を節約するなら1000円カットはおすすめです。

肝心の「品質」ですが、1000カットと侮ることなかれ!最近は理容師さんの腕もいいのです。

 

  • シャンプーがない
  • 担当の理容師さんを指名できない

などのデメリットはありますが1000円カットは1000円以上の価値がある「コストパフォーマンスの良い節約」と言えますね!

ただし、当然ですが高いお金を払う美容院と同等のサービスではありません。サービスの品質に重きを置くのでしたら美容院を利用する事をオススメします。

カットモデルに挑戦!

カットモデルとは「モデル」と名前がついていますが、実際は「見習い美容師さんの練習台」という意味合いが強いです。これは見習い美容師さんがカットの練習をする為に無料、または格安でカットをしてくれるというものです。これは散髪代の強力な節約になりますね!

1000円カットと違って、場合によってはもっとおしゃれに髪型を整える事ができるかも知れません。

 

ただ、無料の場合は本当に新人中の新人の美容師見習いさんがついてしまうかも知れないので、ある程度のクオリティを求めるならば1000円や2000円程度の料金を支払うカットモデルにしたほうがいいかも知れません。

モデルというとイケメンしか出来ないのでは?と思われがちですが、カットモデルはそうでもなく、別に誰でもなる事ができます。色々なタイプの顔にあう髪型をカット出来るようになるのも美容師さんの役目なのですから…

バリカンで丸刈り

バリカンで丸刈りにすれば、実質電気代とバリカンを買うお金以外はまったくかかりませんので、散髪代を大幅に節約する事ができます。さらに、坊主になってしまえば、髪型が乱れないのでセットの必要もないし、髪を乾かす必要もない。大きな時間の節約にもなります。まさに男性サラリーマンにとって最強の節約といえるでしょう。

欠点としては

  • 業界によっては丸刈りが認められていない業界もある
  • 何か悪いことを反省しているのでは?と勘ぐられてしまう

という事などが挙げられますが、まあ何とか乗り越える事が出来る程度のものではないでしょうか?(笑)

(番外編)T字カミソリでスキンヘッド

これは筆者が経験しているのですが、T字カミソリでスキンヘッドにしてしまうのは効果的な散髪代の節約です。

バリカンでの坊主頭以上に手間暇がかかりません。

また、インパクトがあるので、いろんな人に一瞬で覚えてもらえます。営業職の人は意図的にこの髪型にする人もいるくらいですからね!

 

スキンヘッドにするのは勇気がいるかも知れませんが、女性よりも男性サラリーマンの方が圧倒的にチャレンジしやすい風土は整っています。是非挑戦してみたはいかがでしょう。とても良い散髪代の節約になりますよ!T字カミソリ代はかかりますが、大した額ではありませんし…