生活保護をもらっているのにパチンコにお金を使ってしまうような輩が多いようです。正直、残念で腹のたつ話です。

しかし、中には「生活保護でパチンコをするのを禁止したらいけない」などと仰る方もいるようです。

僕の立場としては「生活保護受給者がパチンコをしているのを見かけたら通報する制度」も作ったほうが良いと思っているくらいなのですが…

生活保護でパチンコを禁止したらいけない、ワケがない!

生活保護でパチンコをする人がいますが、それは禁止すべき。

僕はこの立場を変えることは未来永劫ありません。強い言葉ですが、そう言い切っておきます。納税者の皆様からもらったお金で、生活保護受給者が納税者様が働いている時間帯にパチンコにいくなどという事はあってはなりません!!

生活保護の本来の意味

生活保護は日本国憲法第25条に基づくもので、「最低限の生活保障」と「自立の促進」がその本来的な趣旨であり意味です。

ここでのポイントは自立の促進、というところ。つまり、生活保護は「楽して働かないで国に寄生する事を許す制度ではない」という事です。

働くより「恵まれた」制度

ぐーたらな人のイメージ画像

ただ、現在の生活保護はあまりにも恵まれていると思います。生活保護は受給者の状況によって金額に差が出てきます。

一例として「1人で賃貸住宅に暮らしている場合」は月9万から15万円程度支給されます。(この金額は居住地によって異なりますので目安だと思って下さい。)

また、この支給額以外にも受給者は医療費負担なし、介護の本人負担なし、というある意味では「最強の制度」になってしまっているのです。

 

東京の最低賃金は時給907円です。(2015年10月時点)

907円で1日8時間働くと1日7256円。週休二日で1ヶ月(4週間)働くと14万5120円になります。

 

あれれ?

生活保護は月15万円もらえるんですよね?

しかも働かずに。

しかも税金は払わずに。

しかも医療費・介護費タダ。

働く意欲をなくす人がいてもおかしくないレベルです。

 

このように「働くよりも恵まれている制度」となっている生活保護の現状。とても「自立を促している」とは思えません。

生活保護でのパチンコを禁止していけないワケがない!

「生活保護の本来の目的・趣旨」と「現状」が大きくかけ離れているという点はご理解頂けたかと思います。

ただでさえ国に寄生して楽に生きていける選択肢となっている生活保護。

最近(に限った事ではないですが)、生活保護をもらっている癖にパチンコに行くような輩がいるというのです。

 

こんなの禁止すべきでしょう。禁止して何がいけないのでしょうか?「生活保護は自立を促す」もの。無意味に支給されている訳ではありません。

パチンコが自立に役立つならばいいのかも知れませんが、そうは思えない。しっかり働いて納税している人からもらっているお金ですよ?生活保護費って。

 

「生活保護受給者がパチンコに行くのを止める事はできない」とする人達は「自由」を尊重しなければならないとしています。いくら生活保護受給者とは言え、そのお金の使いみちまで指導するのは「自由の尊重」が損なわれる。

というのが人権派弁護士達の意見だそうで…

 

個人的には、「頭冷やして出直して来い!!!」としか言いようがありません。自由なんてものは、権利を果たしてから主張すべきもの。納税の義務を果たさずに何が「パチンコに行く自由」ですか。しかも人から(税金から)もらった金。

 

いいですか?そんな生活保護受給者だらけになったら国は潰れるんです。自由だかなんだか知らないですけど、生活保護受給者の甘えを許している余裕は今の日本にはないはずです。

生活保護費でのパチンコ通いは断固禁止すべきです!これをスローガンで終わらせてはいけないのです!

生活保護でのパチンコは「通報制度」も作るべきだ!

全員とは言いませんが、生活保護をもらっている人間は最低なやつが多いです。

  • 生活保護をもらっている時に収入があったら、生活保護を止められてしまう。だから、生活保護をもらいながら働いて、自治体に報告している口座以外の口座にお金を貯めるアホ。
  • 医療費がタダなのを利用して、病院で薬を大量に処方してもらい、それをインターネットで売りさばくアホ。
  • 生活保護でパチンコ通いするだけでなく、違法な薬物まで購入するアホ。
  • 生活保護をもらうだけでなく、当たり屋になって交通事故の慰謝料を稼ごうとするアホ。

 

ちょっと言葉を失いますが、事実です。僕は以前の職業柄実際にそういう人間と会って話してきたので。

平性27年度の生活保護費は年間で3兆8千億円です。億ではないですよ?兆です。

それだけの税金が使われているのに、生活保護受給者は前述したような輩が多いのです。(全員とは言いませんが・・・)

生活保護費でのパチンコは通報制度を導入すべきだ!

なぜ、こんな事になるか。

それは行政の指導が足りないのです。そして社会の監視が足りないのです。

別に、窮屈な社会を作ろうという訳ではありませんが、生活保護が「自立の促進」を目的としている以上、受給者がしっかり自立できるように、自治体と周りの住民が監視・指導し、まっとうな生活に戻れるようにサポートするのは極々当たり前の事です。

それを「自由の侵害」とは言うなんて。ネタはM-1グランプリでやって下さい、という話です。

 

こういった状況を考慮すると、やはり生活保護者がパチンコをしているのを見かけた場合の通報制度と、罰則を設けることが必須でしょう。

そうする事で受給者も気が引き締め、自立への意欲としてもらいたい。

キレイ事ではやっていけないのです。「自由」だか何だか知らないですが、国の財源が厳しいから消費税を上げるとか上げないとかそういう議論がなされている時に、生活保護受給者だけはのうのうと楽に暮らしてけるというような状態は受け入れてはいけないと思います。