自動車整備士の給料が安すぎると話題になっています。(そんな事で話題になっても…と突っ込みたいですが(笑))

自動車整備士がいなければ僕たちは車に安心して乗ることは出来ませんし、高性能な車に乗っていてもメンテナンスをしなければあっという間に不具合が起こります。その意味では「人の命を握る仕事」でもあるのです。

そんな自動車整備士の実態はどうなのでしょう?トヨタや日産でも給料事情は厳しいのでしょうか?

自動車整備士の給料が安すぎと話題に!

自動車整備士のお給料っていくらなのでしょうか?結構仕事内容は専門的だし、難しそう。「結構な年収をもらっててもおかしくない!」と思ったあなた!

現実は厳しかったのです…

自動車整備士の仕事は大変なの?

まず、自動車整備士の仕事について確認です。「給料が安いかどうか」は仕事内容が分からなかれば判断できませんからね。

自動車整備士は「自動車の整備、点検を行う専門職」です。使い方にもよりますが、車というのは実は結構こまめに点検しないとすぐダメになってしまいます。

 

雨の日には必須のワイパーは消耗品です。放っておくとすぐに動きが悪くなってしまいます。

タイヤは丈夫なようで実は結構パンクしたりしますね。

クーラーはもしガスが漏れたら冷却装置を直したりクーラーガスを入れなおさないと使えません。

自動車整備士の給料が安すぎと話題に!

日本は諸外国と違って厳しい車検制度もあります。車検は面倒くさいですが、車検があるからこそ、僕たちは安全に車に乗れるのです。

こういう機能的な部分のメンテナンスもありますし、お客さんによっては車の塗装にもこだわりますからね。塗装の色は目で見て判断しますから、長年の経験が必要とされます。実際に「色がおかしい!」というクレームは多いのですよ。

車の修理見積もりを作るのも重要な仕事です。見積もりは請求書であると同時に、事故などの際は損害賠償請求する際の法的な書類ともなります。

 

また、もちろん自動車整備士はお客さんとも話します。修理内容・点検内容の説明。お客さんに時間を合わせたりもしますから、遅い時間になることも。

さらに自動車整備工場は「自動車整備士」という国家資格をもった人が必要になります。これを持っていない人は正確には「自動車整備工」と言われ、お給料が安くなってしまいます。キャリアアップの為に勉強も忙しい仕事なのですね。

結構大変な仕事だと思いませんか?

その割に給料は安い?

では、そんな自動車整備士のお給料はいくらなのでしょうか?

最近話題になっているツイートでは「自動車整備士、1年目の月給の手取りが14万1654円」と、給与明細の画像付きでUPされ話題になりました。

さらにそのツイートに対し、「それって結構高いですね。自動車整備士、7年目で手取り10万8366円です。」という返信がされまして、ネット上では衝撃が走りました。

 

これが全てでは無いにしろ、自動車整備士のお給料は概して安いようです。「日本人の給料大図鑑」(宝島社、2016年)によると自動車整備士の平均年収は397万円。確かに仕事内容の割に高い水準とは言えません。この397万円は「額面金額」ですから、社会保険料や税金等を引いた残りの手取りが10万円台になってもおかしくはありませんね。

この事実に対してネットでは

と自動車整備士の経験者たちが、「本当である」と裏付けるかのように「同意」する声が…やはり、お給料・年収という面ではかなり厳しいと思われます。

自動車整備士の懐はトヨタや日産でも厳しいか!?

ここで「自動車整備士の給料はトヨタや日産などの超大手でも厳しいか?」という疑問が生まれてくるのではないでしょうか?

確かに、社会的な常識として「仕事内容が同じでも会社が大手なら給料は比較的高くなる」という事があります。自動車整備士でもトヨタや日産なら…!と希望を持つ若者も多いのでは無いのでしょうか?

 

しかし現実は厳しいのです。自動車整備士は「トヨタ」や「日産」でもお給料は高くありません。

確かに、「トヨタ自動車」や「日産自動車」はお給料も福利厚生も充実しているでしょう。

しかし、自動車整備士が勤務するのはトヨタはトヨタでも「トヨタカローラ栃木」とか「トヨタカローラ名古屋」というような、トヨタ自動車株式会社の下請け企業なのです。そういう会社は一般的にディーラーと呼ばれます。「D」と約されたりしますね。中にはそういう「D」はブラック企業だという声も…

自動車整備士はそういうところに勤務するする事になりますから、お給料は高くなく、年収も低く抑えられてしまいます。

 

自動車整備士のような社会に必ず必要な職業のお給料はその「価値」に見合ったものに見直されるよう強く望みます。そうでなければ、日本の車社会に悪影響を及ぼすのではないかと危惧する声も多いと思います。