入院中の暇つぶしは死活問題です!(笑)入院してみると分かると思うのですがかなり暇ですw

そんな手持ち無沙汰な入院生活で差し入れはまさに天の恵みと言っても過言ではありません。ここでは「入院中の暇つぶしに使える差し入れ」はどんなものが喜ばれるかをまとめてご紹介します。

実体験やアンケートを元に女性、男性で分けてそれぞれご紹介させて頂きますね☆

【入院中の暇つぶし】差し入れで嬉しいものまとめ【女性編】

小分けで配れるお菓子

お菓子が入院中の暇つぶしになるか?というと実は結構暇つぶしになるのです。

もちろん部屋の雰囲気や受け取る人のキャラクターにもよりますし、大部屋でないとダメなのですが、要は女性は男性と比べると「お菓子を分け合う」傾向が非常に強いのです。(あくまで傾向です。)

小分けで配れるお菓子は嬉しい差し入れ

たった一袋のクッキーやたった一つの個包装の和菓子が、大部屋で女性同士で仲良くなるきっかけになる事もしばしば。

大部屋で話し相手が出来るのはかなりの「暇つぶし」になりますよね。女性はお話好きな人も多いです。アイスブレイクの為にもお菓子はかなり重要なポジションにあるのです。

 

ただ、もちろん病院で食べ物の差し入れが禁止されている病棟もあるでしょうし、「そういうのが面倒臭い」という女性もいるでしょうから、その辺りは「空気を読んで」差し入れる必要があります。

ですが、分けやすい個包装のお菓子の差し入れが病院での暇つぶし(=会話づくり)に一役買うというのは事実ですので、検討してみてもいいでしょうね。

マンガ本

マンガ本はかなり重宝されます。入院中の暇つぶしの基本アイテムと言えるでしょう。そして入院中はどうしても買いに行く事が出来ないんですよね…

漫画の最新刊が欲しいというニーズは人によっては大きいでしょうし、そこまでのこだわりがなくても何か読みたいという人は多いです。大部屋の場合は漫画の貸し借りも行われたりする事も。

女性の場合は、例えば切迫早産とか出産の管理入院の場合は「コウノドリ」というような出産に関係する漫画が喜ばれるイメージです。それ以外でも医療系は人気です。「JIN―仁―」や「ブラックジャックによろしく」は定番でしょうね。

雑誌

雑誌も入院中の差し入れとしては結構喜ばれます。これは普段雑誌を読まない人でもです。雑誌は広く浅く色々な事が書いてあるので入院中の暇つぶしにはもってこいなのです。

むしろ普段雑誌を読まない人こそ、雑誌という新しい文化に触れるいい機会になるでしょうね。

患者さんが女性だったら当然女性誌を買っていくのがいいですね。病院においてある場合もあるでしょうが、中々数が足りない場合もあります。懸賞なんかも応募してみると気分転換になるでしょうね。

金ウン金ウン

何かを待ってる時ってついつい雑誌って買っちゃうよね。

管理人管理人

それが雑誌の魔力だね。入院中もその魔力は健在。

単純に来てくれる事

親しい人が来てくれる事が最高の入院中の暇つぶしだし、差し入れです。

特に親しい女性が入院した時なのですが、何か差し入れを持ってきてくれる事ではなく、単純に来てくれるのが一番の暇つぶしだし、一番の差し入れだと言う人は多いです。

確かに変に気を遣ってもらって何か形のあるものを差し入れしてもらったとしても、それが自分の好みにあっているかどうかは分かりません。正直な話「使えないモノ」を貰って作り笑顔をするのも大変な訳です(笑)

だったら普段から仲良くしてくれている人が顔を見せてくれるだけでも良い。そんな女性は多いのです。自分が社会と繋がっているんだという実感が得られる事が何よりの癒やしですし、退院に向けて頑張ろうという気持ちにさせてくれるものなのです。

【入院中の暇つぶし】差し入れで嬉しいものまとめ【男性編】

マンガ本

男性にとってマンガ本はバイブルです(笑)ですので当然、入院中の差し入れでマンガ本をもらうと最高の暇つぶしになりますね。

これは僕の偏見かもしれませんが、男性は女性と違って入院中だからと言って医療漫画を読む傾向は薄いと思います。もちろん医療漫画も読むのですが、男性の場合は何でも読んでる感じですね。

例えばですが

  • こち亀
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • 名探偵コナン
  • カイジ
  • 彼岸島
  • るろ剣
  • スラムダンク
  • etc…

と比較的新しくて人気なものから、レトロ?なものまで幅広いです。もちろん、女性の様に医療漫画を読む方もいるでしょう。(コウノドリは無さそうですが(笑))

僕が個人的におすすめするのが「コンビニで売っている名作の名シーンを詰め合わせたダイジェスト本」です。特に長編の漫画だと何巻を買って差し入れすればいいか悩むところなのですが、コンビニで売っているダイジェスト版ならば悩む必要もなくお手軽価格で買えますからね。

ゲーム機

これは僕の個人的経験に基づくものですが、DSを入院の差し入れに友達に買っていったらとても喜ばれました。(その後、ハマってました(笑)かなりの暇つぶしになってくれたようです。)

ただし、僕の場合はかなり事情が特殊で、その友達には何度も食事をおごってもらっていたのですね。(友達と先輩の中間?くらいみたいな人だったので。)ですので、普段からとてもお世話になっている方なので、これは入院した時くらい奮発しなくちゃな!と思ってDSを買っていったのです。(普通はDSほど高価なものは買わない場合が多いと思います。

DS本体を買っていかないまでも、ソフトを友達数人でお金を出し合って差し入れするとかは全然ありなのではないでしょうか?単オススメのスマホゲーを教えてあげて一緒にプレイするとかでも入院中の幸福度(?)が全然違ってくると思いますよ。

雑誌

雑誌は入院中の男性への差し入れとしては定番過ぎですね。非常に暇つぶしの道具として優秀です。漫画雑誌からマネー雑誌、ビジネス雑誌等、何でもOKですね。

病院内に売店があると言っても、正直買いに行くのすら面倒な人もいるので(笑)買ってあげてはどうでしょうか?数百円の投資でかなり喜んでもらえますよ^^

参考書等

普段から真面目に働いている系の男性は入院したとしても英語やビジネス関係の勉強をするという人が多いイメージです。むしろ時間がしっかりとれる入院中こそチャンスと捉えている人も多いハズ。

例えば、英語を普段勉強している人にはTOEICの参考書等を買っていってあげてはどうでしょうか?

ただし、参考書は漫画等と違ってそこまで種類が沢山あるわけでもないので、予め聞いてから差し入れてあげるのがいいですね。

僕も自分が入院中の時は参考書を差し入れてもらって「暇つぶしに勉強するぞ!」と意気込んでいました。まあ、意外とサボっちゃいましたが(笑)