一般的には公務員は「仕事が楽なのにお給料はまあまあで美味しい」と言われる事が多いイメージではありますが、実際はどうなのでしょう?

冷静に考えてみると、公務員の友人で派手な生活をしている人は基本的にはいませんね…2ちゃんなんかを見てみても「公務員は薄給」というのが定説になっています。(まあ2ちゃんの言うことですが(笑))

そこでここでは「公務員の年収ってどうなの?」という疑問に突っ込んで行きたいと思います。

公務員の夫の年収が低い!生活はどうすれば良くなる?

地方公務員の年収

まず、ここでは公務員(地方公務員)の年収についてチェックしてみましょう。地方公務員と一口に言っても大きく二つに分類されます。

  • 一般職…公立学校の教務員、警察官、消防員など。
  • 特別職…知事や開発事業団等の理事長など。いわゆる、「エライ人達」ですね。

ここでは「一般職」の地方公務員についてです。(多くの場合、「特別職」の公務員の方は生活は豊かだと思いますので、ここでは詳細には述べません。)

「一般職」の地方公務員と言っても、「政令指定都市の職員」と「小さな過疎の町の役場職員」では格差があります。(この格差については現在国が是正しようと動いてはいるようです。)

公務員の夫の年収が低い!生活はどうすれば良くなる?

ですが、総務省の「地方公務員給与の実態」によると、地方公務員の平均年収は535.7万円です。これは、決して低いと嘆く程の年収ではありません。

ただ、地方公務員の年収カーブは「若い頃はとにかく給与が安い」が、「何か役職がついたら急激に年収UP」という形なので、若い頃に限って言えば「地方公務員の年収は低い。生活も大変だ」と言わざるを得ないかもしれませんね。

公務員の夫の年収が低いが生活を良くするには?

「公民館の夫の年収が低いので生活が大変だ」という声は結構聞きます。ちょっと、どのようにマネープランを考えたら良いのか、まとめてみました。

年収が上がるのを待つ

先ほど述べましたように、地方公務員の年収カーブは「若い頃はとにかく給与が安い」が、「何か役職がついたら急激に年収UP」という形です。つまり、最初の方を何とか耐えてしまえば、後はそれなりの年収が期待できるのです。

待ってさえいれば年収が上がる。ここが約束されている公務員って凄く恵まれていませんか?自営業ではこのような事は起こりませんよ?

節約する

給料が上る前の若い時代も、役職がついた後も節約は大事です。

お金は無限にはありませんので、しっかりと管理をしないと公務員と言えども悲惨な事になるでしょう。

共働き

公務員の夫だけでなく、妻も働けばかなり家計は楽になります。ただし、妻が働いて得る金額には注意する必要があります。

  • 妻の年収が103万円(給与所得控除65万円+基礎控除38万円)以下だと、所得税の対象になる所得が0円とみなされる為、税金も無し。
  • 妻の年収が100万円以下なら、所得税だけでなく住民税も0円に。
  • 妻の年収が130万円を超えてしまうと、妻自身も「健康保険税」を支払わなければならないし、「国民年金」にも加入して年金保険料を支払う必要が出てきますので、大きく手取りが減る。
  • 妻の年収が計算上160万円以上の年収ならば手取りは増えていく。

よって妻が働いて共働き家庭とするのであれば、妻の年収は130万円以下(103万円未満)か160万円以上、に調整するのが良いですね。

公務員の年収が低いと将来が不安になるけど…

「公務員の年収が低くて将来が不安になる」という方、ご安心を。若い頃の年収がイマイチでも、昇進してからの年収もやっぱり物足りなくても、公務員の将来はかなり約束されています。

今後の政策で給与が減少する可能性があるとは言え、抜群の安定性を誇るのが公務員のメリットです。民間に比べればその点は恵まれています。民間はいつ会社が倒産するかは分かりませんから。福利厚生もあまりよくない中小企業がほとんどです。公務員の福利厚生はとても恵まれていますね。

また、公務員の年金は共済年金です。保険料等の面で最も恵まれているのが共済年金です。最強の年金があるのですから、ある程度は安心してもよいのでは?(もちろん、無計画な散財をしたら意味がありません。)

※尚、公務員の共済年金は2015年10月から厚生年金に統合されましたが、それでも元共済年金の被保険者は保険料の面で2030年までは厚生年金被保険者より恵まれているのです。

地方公務員の実態!色々な情報をご提供!

地方公務員の実態ですが、ここからは僕の知り合いの話なども載せていきますね。

地方公務員の勤務先や部署による差異

地方公務員の仕事は勤務先や部署によってかなりの違いがあります。これは民間でも同じでしょうが…

小学校の教諭は非常に恵まれており、労働環境はいい人が多いです。つまり自分の時間がしっかり取れる。

逆に中学校教諭は部活の顧問にさせられてしまうと、かなりの地獄をみるようです。(最近はよくニュースになっていますね。)

市役所や役場に勤務する場合でもその部署によって労働環境はかなり違ってきます。向き不向きがあるので「どの部署が良い」とは一概にいえませんが「生活保護課」と「国民健康保険課」はかなり厳しい労働環境のようですね。

僕の友人は市役所に努めており、地域の町おこしを担当する部署に勤めていますが天国のような場所と言います。毎日午後6時半には家に帰っていますしね。

それでも概して人間らしい生活がし易い地方公務員

勤務先や部署によって労働の実態にも差がある地方公務員ですが、それでも民間に比べれば概して「人間らしい生活」が出来るのです。

僕は以前は金融機関、それも大手の優良企業と呼ばれる会社に務めていた経験がありますが、概して帰りは遅かったです。「早く帰っては行けない」という雰囲気がありました。退社が夜の10時9時は当たり前。休日出勤は当然。(休日に会議が入れられる事も。)有給は使わないのが基本。バカみたいですよね?

全く休んではいけないのなら、何のために働くのか?「仕事のために仕事する」のか?こういう生活は「人間らしい生活」とは言えないのです。

それでも概して人間らしい生活がし易い地方公務員

「人間らしい生活」とはワークライフバランスが取れた生活。

理想は8時間働き、8時間自分の為に使い、8時間は睡眠を取る。このような生活が「人間らしい」と僕は考えます。勤務先と部署によると言っても、このような生活がし易いのが公務員です。

転居を伴う転勤も少ない、転勤があったとしても転居の必要もない。少なくとも「民間の平均値的なところと比べたら」の話ですが、地方公務員が恵まれている部分は多いです。

だからこそ、毎年公務員試験が受けられる年齢までに、民間から公務員に転職してくる人間がいるのですね。