せっかく女性専用車両というものがあるのに、女性専用車両に乗らない女性もいるようです。

隣の車両が女性専用車両にも関わらず、女性専用車両には乗らず一般車両に乗ってくる女性。痴漢冤罪にビクビクしながら万歳通勤を強いられ、満員電車で揉みくちゃにされながら戦っている男性陣にしてみれば不満に思う気持ちは分からなくはないです。

僕自身は男性ですが、やはり女性専用車両に乗らない女性の心理には興味があります。さてさてどういう事なのでしょう…

隣の車両が女性専用車両なのになぜ乗らない女性がいるのか?理由を聞いてみた。

女性専用車両に乗らない女性の謎

隣の車両が女性専用車両なのにも関わらず、一般車両に乗ってくる女性がいます。

確かに女性専用車両は車両全体から考えるとせいぜい1車両か2車両程度しか割り当てられていません。その為、女性乗客全員をカバー出来るものではないので、数理的に考えても女性専用車両に乗らない女性がいるのは当然と言えば当然です。

女性専用車両に乗らない女って一体何様なの?って思う人がいても分からなくはない。

ですが、やっぱり女性専用車両が隣にあるのに女性専用車両には乗らず、一般車両に乗ってくる女性についてはどうしてもネガティブな感情を持ってしまう男性がいるのは理解は出来るところです。

電車の中での男性の立場は悲惨です。万歳通勤で痴漢冤罪にビクビクし、無防備になったところをスリに狙われる。女性に痴漢と言われようものなら、駅員・警察・検察・裁判所、全てが女性の言い分だけを聞き、男性の仕事も名誉も金銭も家族も自由も全て奪われるのです。たとえ証拠が無かったとしても。

そんな男性に比べて女性は「女性専用車両」という特権を与えられている。にも関わらず、女性専用車両に乗らずに一般車両に…

金ウン金ウン

何でなんだろう?気になるねー。

女性専用車両に乗らない女性に理由を聞いてた。

という事で、僕の元同僚や大学時代の友人に電話して聞いてみました。たとえ隣の車両が女性専用車両にだったとしてもそれに乗らない女性ならではの理由を…

突然の電話だったにも関わらず協力してくれた彼女達に感謝です!^^

香水の臭いが酷い。

まず1番直感的に理解できたのがコレです。「女性専用車両は香水の臭いが酷い」というもの。

全員とは言いませんし、むしろ少数派だとは思いますが香水の臭いが強烈な女性っていますよね。ほんのりと香るくらいならばオシャレの一環なのでしょうが、ギンギンに臭っている香水は迷惑です。「わざと」やっていない分オッサンの体臭の方がまだ理解出来ます。

公害とも取れるような香水の強烈な香りに拒絶反応を示すのは男性・女性関係ありません。そして、概して女性専用車両にはそういう臭いの強い女性が乗る事が多いようです。

だとすれば「臭い香水女」を避けて一般車両に逃げ込む女性の心理はよく分かりますよね。

乗り換えの時に最短距離で動ける場所に女性専用車両がない。

回答の中で1番多かったのがコレ。「乗り換えの時に最短距離で動けない」というもの。

通勤で毎日同じ電車に乗っていると、行動パターンが洗練されてきて、最も効率的なルートで乗り換えをしようと思うのが人情です。

しかし、女性専用車両の位置が最も効率的なルートに対して適切な位置にあるかどうかは分からない…女性専用車両は先頭や末尾車両にある場合もありますから、その場合は効率的なルートとは程遠いですね。

元々女性専用車両に対してさほどこだわりのない女性は多く(というか大多数はそこまで女性専用車両を意識していない女性が多いイメージです。)、そんな女性達は「女性専用車両に乗る事」よりも「効率的なルート」を優先するのでしょうね。

そもそも女性専用車両に反対。

「そもそも女性専用車両に反対だから女性専用車両には乗らない」という女性も結構多かったです。

そりゃ、そうですよね。「女性専用車両だけがあって男性専用車両がない」という状態は男性への差別です。頭を冷やして考えれば、余程バカなフェミニストでもない限り分かる話なのですが、男性への差別は女性への差別でもあるのです。

女性専用車両があるという状況は「女は弱いから保護してあげるべき」という社会の意志の現れともとれる訳です。そんなに弱い女性だけじゃないですよね。

女性専用車両に反対する女性が、女性専用車両に乗る訳にはいきません。彼女達はあえて一般車両に乗ることで女性専用車両に静かな抗議をしているのです。

そんなに深く考えていない。

結構静かなタイプの女性に多かった回答がコレ。「そんなに深く考えていない」というもの。

何となく目の前に止まった車両が一般車両だったからそれに乗った。隣の車両が女性専用車両だけど気が付かなかった。というケースは結構多いと思います。

まあ、女性専用車両があるからと言って「女性は女性専用車両が隣にないかどうかを常に気をつけながら行動しないといけない」っていうのも理不尽な話ですしね…

女性が嫌い。

話を聞いていてウケたのが「女性が嫌いだから女性専用車両には乗らない」という意見。「いやいやお前も女だろうがwww」と思いながら聞いていたのですが、意外と説得力がありました。

女性が嫌いな女性って一定数いるんですよね。女同士のドロドロした関係や微妙な上下関係がまっぴら御免という人は多いです。それがどれくらい嫌なものなのかはもしかしたら男性では分からないのかも知れません。

女性が嫌いな女性もいる。

この画像は女性専用車両への「煽り」でよく使われるものでして、もしかしたら多少は誇張が入っているかも知れませんが、このような女性たちをみて嫌悪感を抱くのは男性だけではないのです。女性だってまともな人だったらこんな人達と一緒にされたくないですよ(笑)

まとめ

隣の車両が女性専用車両なのにも関わらずそれに乗らない女性達がいる。理由を聞いてみたら以下のようなものでした。

  • 香水の臭いが酷い。
  • 乗り換えの時に最短距離で動ける場所に女性専用車両がない。
  • そもそも女性専用車両に反対。
  • そんなに深く考えていない。
  • 女性が嫌い。

どれも説得力のある理由で「確かに!」と思ってしまいました。

女性専用車両があるからと言って、全ての女性が義務として女性専用車両に乗らなければいけないという訳ではありません。女性専用車両に反対している女性もいます。

そんな女性が一般車両に乗ると白い目で見られる…それはそれで理不尽ですよね。「女性専用車両だけがある現状」は確かに男性への差別ですが、それによって微妙な思いをしている女性もいるんだ、という事は抑えておきたいですね。